NPO法人夢ネット大船渡 
岩城恭治さん

【愛フェスに参加してみて】
 愛フェスに夢ネット会員10名と共に参加させていただきました。愛知県の皆さんの東北の被災地に対する思いをひしひしと感じて来ました。愛フェスの会場で「夢ネットのワークショップ」も開くことが出来ました。私たちのワークショップへの参加者は少人数でしたが発表の場もあり有意義な愛フェスでした。人口の相違もありますが愛フェスの規模の大きさ、大船渡のサンマや東北の芸能団体披露などもあり、大変感激しながら2日間を過ごすことが出来感謝いたします。

【現在の活動】
 最初は愛知ネットのご協力で炊き出しから被災者支援が始まりました。JPFからの助成や中央共同募金会からの助成等を受けて、仮設住宅のパトロールによる活き活き支援として、全国から寄贈された毛糸や布地を利用した、手芸づくりを支援し、作品展も開催することが出来ました。また、被災者支援情報誌「みらい」や「復興ニュース」を発行し喜ばれています。昨年末からは支援がすくなと言われる在宅やみなし仮設の被災者宅を訪問しています。さらに、ローカル鉄道である三陸鉄道盛駅舎を利活用して、市民の憩いの場としてイベント企画開催も行っています。

【愛知のみなさんへ】
 愛知ネットのお蔭でコープあいち様、トヨタグループ様等愛知県から多くの皆様のご支援を頂き本当に感謝でいっぱいです。これまでの支援から今後は愛知県民と岩手県民、とりわけ気仙地域(大船渡市・陸前高田市・住田町)の人々との交流が盛んとなりますように願って、数々のご支援に対するお礼と致します。