ケセンきらめき大学
事務局 上野和彦さん

【「愛フェス」に参加された感想をお聞かせください。】
 愛知県で開催される「愛フェス」にお招きいただき、非常にありがたかったです。被災後、久々に県外にでました。なんというか・・・、普段生活している大船渡の情景とまったく異なるので、なんとも言われぬ感覚でした。大船渡のまちは津波で飲み込まれてしまい、中心街の商店、住宅などの建物がほとんどなくなってしまいましたらからね・・・
震災直後から愛知県内の民間団体、市町村等、様々な支援を一生懸命やっていただいています。愛知を訪れあらためて愛知の方々に敬愛し、いまも続くその支援と心意気に感服しました。
 愛フェスの会場内では、色々な方々にお声掛けいただきました。特にもこちらの出身の人たちも懐かしがって立ち寄ってくださり、うれしかったです。
東北の私たちからみて、東海地方の方々の気質が分からず、いろいろな想像をしていたのですが、愛知の皆さん、とても親しみやすく、気さくな方が多くてホッとしました。

【現在の活動について教えてください】
まちの復興にむけた提言を地元紙に掲載しています。
私たちの考えを広く市民にお知らせし、できれば行政に市民の目線をわかって政策に反映してほしいとの願いがあります。また、折に触れ、市外から講師等お招きし、市民参加型の催しものを行っています。そういった事業等に「愛フェス」にご参加された皆さんからのご浄財をつかわせていただきたいと思っております。本当にありがとうございました。

【愛知のみなさんへ一言】
岩手県に住み私たちにとって、愛知県は遠くの存在でした。しかし、震災後、NPO愛知ネットをはじめとして、沢山の皆さんに支援いただき、身近に感じられるようになりました。甲子園に、愛知県の高校、たとえばですが、中京大中京高校がでたら、応援したくなる心境です(笑)愛知の皆さんへは、「感謝」の一言につきます。
東南海地震が起こるといわれていますが、そうなったら手伝いに行かなければと思うようになりました。だけど、みなさんのご支援に比べたら1/1000、1/10,000の力なのかもしれません。それでも、そのときに、お返しをしなければならないと思っています。
いずれ、このご縁を大切にしていきたいと思います。どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。