愛フェスにご来場の皆様
愛知県の皆様
愛フェス実行委員会の皆様

 本日、気持ちあらたに、3月11日を迎えました。
 全国皆様のご支援は、日ごとその輪を大きくし、みやぎジョネットはじめ被災地の皆様を、力強くお支え下さいました。二進も三進もいかない状態から抜け出すことができましたのは、ひとえに皆様のお力を頂けたからに他なりません。
 ここに、心より感謝申し上げます。有難うございました。
 ㈱千葉商店は、スローガンを「なつかしい未来へ」と掲げ、先日、プレハブ店舗より仮設商店街へ移って再開しました。千葉さんは、いずれ最終的な場所に店舗を構えるお考えです。 創業90年の老舗でしたが、防災庁舎のそばにあった店舗も工場も、そして自宅も、跡形もなく失いました。
 創業100年を越す老舗、㈲半田商店は、先代、先先代の進取の気象で町のひとびとに慕われ商いを大きく広げてきましたが、この度の震災では、余ある大きな決断を迫られることになってしまいました。伝承味噌と麹のみの製造・販売を続けていますが、未だ先が見えない状況です。
 千葉さんは姉妹の結束の強さで、半田さんはご両親の面倒を看ながら気丈に、心を奮い立たせ、再建に向け奔走されています。みなぎジョネットでは、その一途なお姿に心惹かれ、これからも是非多くの皆様にご紹介したいと思うのです。
 今後とも末永くお二人を見守っていただけますよう、お願い申し上げます。 みやぎジョネットは、千葉さん姉妹と、㈱千葉商店の海苔を、そして半田淳子さんと伝承味噌並びに麹を支援しています。

みやぎジョネット